FXの匠からお知らせ

FXの匠からお知らせ

FX(外国為替証拠金取引)情報サイトの決定版「FXの匠からお知らせ」へご訪問いただきありがとうございます。
当サイトでは様々なFX情報をお届けしています。どんな取引でも同じでFXもリスクがあり、そのリスクを最小限に抑えることが利益を出す最大のコツとなります。
時には損失を出してしまうのは仕方の無いことですが、長い目で見て利益を出すことの方が重要なのです。

 

数多く存在しているFX会社の中から貴方はどのようにしてFX口座を作る会社を選びますか?
重要なのは貴方がどのような取引スタイルでFXをしていくかということになるので貴方のスタイルを事前に確立しておきましょう。大切なお金を競馬やパチンコなどといったギャンブルに使うようでしたら断然FXの方が賢く選択と言えます。
実際にこれまでギャンブルにお金を多額つぎ込んでいた人がFXの取引を始めて儲けを出しているのです。




FXの匠からお知らせブログ:2017-3-23
みなさまは、
映画を見る時、売店でポップコーンやコーラを買ったりしていませんか?
テレビを見ている時、おかしをつまんだりしていませんか?
読書をする時や長電話をする時、ジュースを飲んだり、
おかしを食べたりしていませんか?

何かをしながら食べる「ながら食い」は、
減量にとっては天敵なんですよ!

そもそもご飯というのは、
エネルギーを補充するためにとるものですが、
エネルギーが足りているかどうかを判断するのは
お腹ではなく、脳なんですよね。

もちろん、
お腹の膨らみ具合も脳の判断基準のひとつではありますが、
脳はそれ以外にも、
目で見たもの、鼻で匂いをかいだもの、舌や歯で味わったものから、
満腹感やご飯による快楽を得ます。

テレビや映画を見ながらとか、何かをしながらのご飯だと、
お腹は膨らんでも
目や鼻、舌、歯から入ってくる情報が少ない分、
脳が感じる満腹感が半減してしまうことになります。

同じ量を食べても脳が満足してくれず、
すぐにお腹がすいてしまうという…
減量的には最悪な結果になってしまいます。

逆に言えば、
ご飯の時はご飯だけをするようにして、
しっかりと時間をかけて味わうようにすれば、
脳が感じる満腹感もアップして、
間食したいという欲求も沸きにくくなることになります。

もちろん、いくらご飯に集中するといっても、
会話をしてはいけないということではありません。

みんなで楽しくご飯をするのは大切なことですよね。
ご飯に集中するというよりは、
「ご飯をちゃんと楽しむ」ようにするということですね。

ご飯をちゃんと楽しんで、減量を成功させましょう!

FXの匠からお知らせ モバイルはこちら